医療業界の人手不足を解消するには

滞在看護師の力が必要です

子育てと看護師との両立

子育てと看護師との両立を考えてみましょう。
女性なら、多くの人がぶつかる壁です。出産によって、今までの環境は大きく変わります。子育ても医療現場も、手を抜くことはできません。今までのキャリアも捨てたくないし、子育てもしなければなりません。悩まない人の方が少ないのかもしれませんね。
しかし、考えてみてください。両立している人はたくさんいます。その人と自分とは、何が違うのでしょうか。もちろん環境の違いはあるでしょう。夫や実家の協力が得られるということも大きいでしょう。しかし、夫や実家の協力が得られなくても、両立している方はいます。
まず、夫や実家との話し合いが必要です。金銭的に仕事を続けなければならないのか。自分は仕事を続けたいのかどうか。仕事を続けるとしたらフルタイムなのか、パートなのか。家事や育児に協力が得られるのかどうか。
次に、職場の環境を見直してみましょう。子育てをしながらの勤務が出来る環境なのかどうか。両立している人はいるのかどうか。パートでの勤務や時短勤務は可能かどうか。子供が熱を出しても急に休めるのかどうか。師長の理解も必要ですよね。
そして、今の職場が子育てに適していないと感じれば転職も視野に入れましょう。看護師は転職してもキャリアがなくなることはありません。全国的に潜在看護師が多く医療業界は人手不足のため、職場を選ぶことが出来ます。自分の環境に合った職場を選ぶことも、両立の第一歩になります。両立はできないと初めから諦めないで、自分の環境を変えていくことから始めてみてはいかがでしょうか。