救急車

日本で救急車を利用するとき、私達が費用を出すことはありませんが、海外では有料でることも多いです。もちろん、日本の場合も税金を収めているので実質無料で利用しているわけではありませんが、海外ではタクシーのようにその場で料金を支払うこともあります。こう考えると、日本は大変恵まれていると言えます。救急車のことだけではなく、国民皆保険制度があるので、保険証さえあれば全国どこででも医療を受けることが出来ます。しかし、こうした恵まれている環境というのは、医療現場で働く医師や看護師など医療従事者たちの努力によって支えられているものなのです。
大きな問題になったのは、救急車で運ばれている患者のたらい回しです。救急搬送される患者をどの病院も受け入れ拒否し、患者が死亡した、ということが起こったことがあります。なぜ病院が患者の受け入れを拒否するかというと、まずはその患者を診ることが出来る医師が存在しない、ということが上げられます。医師や看護師不足はかなり深刻な問題になっているので、どこも人手不足なのです。
それから、医療訴訟のリスクが高くなっているということです。医療訴訟を起こされれば、病院はもちろんその医師の信頼度も一気に下落して医師としてやっていくのにとても不利になります。しかしこうした理由で人が死ぬことがあってはなりません。ですが、この問題を解決までもっていけてないことも事実です。医療的には恵まれている日本ですが、こうした医師不足や訴訟リスクの高さ、他にも労働環境の苛酷さなどを解決していかない限り、超高齢化社会には対応出来ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です