看護師に人気の資格とは

近頃、猫も杓子も…といった具合に資格を取る人が増えています。昔から手には職をという言葉があるくらいですから、それだけ日本は仕事への技術力を求めているのでしょう。では、資格を取りやすい職場の環境とはなんでしょうか?
例えば「資格取得に際しての受験料などを職場が負担してくれる」「資格取得に対する講習会をひらいてくれる」「給与に資格手当金が入る」といったところかもしれません。 やはり、なんといっても職場からの「資格取得応援してるよ!」という態度があってこそ、仕事に役立つ資格を取ってみようという気持ちになるのではないでしょうか。
ちなみに、看護師に人気の資格はなんといっても認定看護師と専門看護師といった、看護師資格の中でもスペシャリストとして評価される2つだといいます。認定看護師は、小児や外科、内科など看護師が担当しているその看護分野での高度な技術と専門知識を持つ、いわば洗練されたプロフェッショナルな看護師をさします。対し専門看護師は、より質の高い看護ケアを提供するために、指定されている特定の専門分野の知識と技術力を高めた看護師をさします。
このほかですと、最近では産婦人科や介護施設などでも注目を浴びつつある“カラーセラピスト”や“リフレクソロジスト”といった、医療に+α出来る資格を取得される方が非常に多いようです。これは、在宅でも開業出来るチャンスが広がるので、主に出産や結婚などで自宅から出る機会が失われる潜在看護師の方にもってこいの資格であるといえるのかもしれません。 さらに、認知症ケア専門士や臨床工学技士、ケアマネージャーや褥瘡学会認定士といった介護に特化したものが多く取得されています。高齢者が多くなってきた現在、こちらは看護師のスキルアップの面としてはかなり有効なものだといえるのでしょう。
資格は、その人のスキルアップの上ではとても役に立つアイテムです。しかし、中には資格という名の肩書きだけに頼りその実力が伴っていないという方が残念ながら少なくありません。学生時代のテスト前夜の一夜漬けではありませんが、きっと資格取得の時にだけ頑張ってそうなるのでしょうね。 どうせ取得するのなら、後世に役立てていただきたいものです。趣味を仕事に、というものでもいいでしょうから、ぜひとも自分にとって価値のある資格を取得する事が大切になるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です